国民健康保険税の算定方法について

国民健康保険は、加入者の皆さまに納めていただく税金と、国・県などからの負担金、市の一般会計からの繰入金などで賄う相互扶助の制度で、国民皆保険制度の中核として大切な役割を担っています。

令和2年度の税率について

  医療分 支援分 介護分 合計
所得割 7.26% 1.39% 2.28% 10.93%
均等割 31,800円 13,800円 16,200円 61,800円
平等割 9,600円 9,600円
限度額 630,000円 190,000円 170,000円 990,000円


  • 所得割の税額は、世帯内の国保加入者一人ずつ計算【(前年中の所得金額-基礎控除)×所得割税率】して、合算した額となります。
  • 前年所得金額は、前年1月から12月の1年分です。
  • 基礎控除は、33万円です。
  • 資産割は平成20年度の改正により廃止となりました。
  • 「所得割」は被保険者の所得に応じて計算、「均等割」は被保険者数に応じて計算、「平等割」は一世帯あたりいくらと計算します。
    1. 税額は、年度ごとに計算して決定します。 国保税は、毎年4月から翌年の3月分までを年間の国保税として計算しています。年度の途中で加入者の人数が変わったり、前年の所得金額が変わったときなどは、再度計算しなおします。
    2. 国保の資格が発生した月分から国保税を納付することとなります。 他の健康保険を脱退したり、他の市区町村から転入したその日から、国保の資格と国保税の納付義務が発生します。
      ※加入の届け出が遅れても、資格が発生した月までさかのぼって国保税を納めることになります。
    3. 年度の途中で国保に加入した場合には、加入した月から月割りで計算します。
    4. 年度の途中で国保を脱退した場合には、脱退した月の前月分までを月割りで計算します。
    5. 過年度分の国保税について、例えば、1月に国保の資格が発生したにもかかわらず、4月以降に届け出たような場合には、1月から3月分の国保税は、現年度の4月分からの国保税とは別に計算します。
    6. 転入して国保に加入した場合、国保税の算定基礎である前年中の所得金額が不明のため、前住所地等に問い合わせます。そのため所得金額が判明したあとで国保税が変更されることがあります。
    7. 所得の申告が遅れると、申告された所得をもとに国保税が変更されることがあります。国保税の計算を正しく行うために、所得の申告にご協力ください。(前年中に所得がない場合でも、正しく国保税を計算するために所得がない旨の申告が必要です。)
    8. 三島市では1年間の国保税を8回に分けて納付いただいております。したがって、例えば8月に納めていただいたものが8月分の国保税ではありませんのでご理解ください。
    9. 40歳~64歳の方の税額は、医療分と支援分に介護分を加えた額となります。
    10. 65歳以上の方の介護保険料につきましては、国保税とは別に納めていただくことになります。 詳しくは介護保険課までお問い合わせください。